開発効率の心構えを知る

ネット関連の開発ではスクリプト言語が用いられる場合がほとんどです。スクリプト言語は、比較的簡易なプログラムの制作に用いられ、大規模な開発プロジェクトでは用いられない傾向にあります。ネット開発においても、簡潔で素早く記述できる点にスクリプト言語の良さがあります。しかし、ネットサービスの複雑化と共に高機能なスクリプト言語も登場してきました。

そして、rubyもまたシンプルでありながらも応用範囲が広いスクリプト言語として人気を集めています。スクリプト言語への評価が高まる業界の変化により、このスクリプト言語で開発ができるエンジニアが開発会社から募集されるケースが増えました。rubyエンジニアが開発に向けて持ってtおくべき心構えとして、効率の良い開発を心掛けるという点にあります。

プログラミングは計画無しに行うと乱雑になりがちです。可読性を意識してプログラミングを行うのは、プログラム技術者にとっての基本中の基本です。rubyには可読性を高めるための工夫が盛り込まれています。この特徴を最大限に活かし、読みやすく理解しやすいスクリプトを記述する心構えが求められます。読みやすいプログラムはバグを洗い出すのにも最適です。さらに再利用が利くため開発効率がアップします。

スクリプト言語は、規模の大きい開発には向かないという事情は現在変わりつつあります。このスクリプト言語のメリットを活かして開発できるかどうかが、プログラマーの手腕と意識にかかっていると言っても過言ではありません。今後もニーズが高まるrubyは多くの開発現場で用いられるでしょう。将来独立をする上でもrubyは習得しておいて損がない言語でしょう⇒rubyの詳細情報【http://colorful-eg.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です