IT市場でのrubyの市場価値

現場においてある程度ノウハウを培ったら転職を考えるてみるのも良いかもしれません。とりわけエンジニア部門は各業種で人材不足が響いており、転職市場においては売り手市場になりやすい職種です。しかしだからといって、何の対策も取らずに勤めている会社を辞めて、転職市場に飛び込むのは危険かもしれません。若いうちから転職について考えておくと、いざ転職をしようと思い立った時に速やかに行動することができるようになるため、日ごろから情報集めなど準備をしておくことが大切です。

例えば、扱えるプログラミング言語が多いほどエンジニアの転職には有利だと言われます。javaやrubyなどといった開発言語は、特にアプリケーション開発に欠かせないプログラミング言語なので、是非とも習得しておきたい言語です。特にrubyについては、それを扱う技術者が少ない一方でPCのWEBアプリケーション開発には非常に有用な言語でもあるため、扱えるだけで転職市場における自分自身の価値をより高めることにもつながります。ただし、rubyも初期スキルのみ、javaも初期スキルのみという具合では話になりません。言語はしっかり専門的な部分まで習得することで価値が出るのです。

rubyは一昔前まではその脆弱性などが指摘されており、その結果それを習得するエンジニアも減ってしまったのですが、次第にその使い勝手の良さなどが見直されたために、再び脚光を浴びているプログラミング言語なのです。アプリケーション開発が盛んな現代のIT関連業界では、こうした言語を身に着けておくことが転職を有利に進める手なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です